セインズベリーズ、紙パッケージ採用でプラスチック削減を強化

セインズベリーズ、紙パッケージ採用でプラスチック削減を強化

9月28日、英国の大手小売業者のひとつであるセインズベリーズは、自社ブランドのトイレットペーパーとキッチンタオルの全商品について、プラスチック包装から紙包装への移行を発表し、プラスチック廃棄物削減に向けて大きな一歩を踏み出した。

この移行は、毎年5,500万個以上のプラスチック製品に相当し、年間485トンのプラスチックを節約することを目的とした、実質的な環境への取り組みである。多チャンネル小売業者は、この取り組みは食料品事業における最も大幅なプラスチック削減の取り組みであると述べている。

紙包装への移行は、27の商品バリエーションで実施され、今週から店舗とオンラインの両方で顧客の目に触れるようになる。紙包装への完全移行は、翌年2月までに全商品ラインで実施される予定である。新しい紙包装は、家庭で簡単にリサイクルできるように設計されており、セインズベリーの持続可能性へのコミットメントに沿ったものとなっている。

セインズベリーズは以前にも、ダブルレングスのトイレットロールの導入など、持続可能性への取り組みを始めており、その結果、プラスチック包装を30%削減し、年間84トンのプラスチックを節約した。セインズベリーズは、パッケージの改革と並行して、顧客にとって手頃な価格を確保するための努力も行ってきた。

同社は最近、一部の自社ブランドのトイレットペーパーとキッチンタオルを値下げし、400万ポンド(約4億9,000万円)以上の節約分を直接消費者に還元した。これらの価格引き下げは、セインズベリーが必需日用品の競争力のある価格維持に重点を置いていることと一致する。

セインズベリーのプラスチック廃棄物削減への継続的な 取り組みは、包装資材の移行にも及んでいる。前月には、ベビー用品のプラスチック製ハンガーを段ボールに切り替え、年間103トンのプラスチック削減を達成した。

今年初め、セインズベリーは自社ブランドの洗濯洗剤のカートンをプラスチックから段ボールに切り替え、さらに年間22トンのプラスチックを削減した。

【参照ページ】
(原文)On a roll! Sainsbury’s introduces paper packaging to its toilet and kitchen rolls in UK retailer first
(日本語参考訳)ロール紙で!セインズベリーがトイレットロールとキッチンロールに紙パッケージを導入。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る