Carrefour、小売業界初、オーガニック製品のトレーサビリティにブロックチェーン技術を活用

4月13日、Carrefourは2022年4月から自社製品にブロックチェーン技術を使用することを発表した。、本取り組みはオーガニック製品の出所や製造方法に透明性を求める消費者の声を受けて始まった。これによりCarrefourは、自社ブランドのオーガニック製品にブロックチェーン技術を使用する初の小売業者となった。

データを安全かつ改ざんできない方法で保存するこの技術は、Carrefour Bio製品で使用される。消費者は、当該商品が生産されてから店舗に出荷されるまでの経路に関するあらゆる情報に透明性を持ったアクセスが可能となる。

アクセス方法としては、ラベルに記載されたQRコードを読み取り、その商品のライフサイクルがわかる仕組みだ。具体的に提供される情報は以下の通り。

生産地とその経路:生産者名、畑の場所、包装の場所、輸送手段
品質:収穫日、分析結果、品種、旬の時期
有機認証:転換日、公的証明書、生産者の追加的な取り組み

2022年4月には、4個入りのトレーで販売されるスペイン産のデザートオレンジ「Carrefour Bio」がブロックチェーン技術のメリットを活用する最初の商品となり、その後、順次Carrefour Bioの全商品に拡大する予定だ。

【参照ページ】
(原文)CARREFOUR IS THE FIRST RETAILER TO USE BLOCKCHAIN TECHNOLOGY WITH ITS OWN-BRAND ORGANIC PRODUCTS, PROVIDING CONSUMERS WITH MORE TRANSPARENCY
(日本語訳)カルフール、自社ブランドのオーガニック製品でブロックチェーンテクノロジーを使用した最初の小売業者、消費者により高い透明性を提供

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る