Loblaw、コーヒー製品でサステナブルパッケージを率先して導入

4月6日 、カナダのスーパーマーケットチェーン店である Loblaw は、コーヒー製品のリサイクル不可能なパッケージを紙ベースのソリューションに置き換えることを発表した。

現在、多くのカテゴリーで販売されている全35種類のホールビーンおよびグラウンドコーヒーが、この革新的なパッケージに移行している。同改革により、カテゴリー全体の二酸化炭素排出量を削減し、パッケージのリサイクル性の向上が可能だ。

環境・社会・ガバナンス(ESG)問題への取り組み強化の一環として Loblaw は、2025年までにすべてのコントロールブランドおよび店内プラスチックパッケージを再利用可能またはリサイクル可能にすることを含め、気候変動対策に役立つ様々なパッケージングのコミットメントを確立している。この目標をサポートするために、同社はコントロールブランドのサプライヤーに、 Loblaw と世界最大の小売・消費財企業が設立したグローバルな消費財フォーラム「ゴールデンデザインルール」に従った新しいパッケージング基準を伝えた。

【参照ページ】
(原文)Loblaw leading the way with sustainable packaging on PC® and no name® coffee products
(日本語訳)コーヒー製品の持続可能な包装を先導

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る