Loblaw、コーヒー製品でサステナブルパッケージを率先して導入

4月6日 、カナダのスーパーマーケットチェーン店である Loblaw は、コーヒー製品のリサイクル不可能なパッケージを紙ベースのソリューションに置き換えることを発表した。

現在、多くのカテゴリーで販売されている全35種類のホールビーンおよびグラウンドコーヒーが、この革新的なパッケージに移行している。同改革により、カテゴリー全体の二酸化炭素排出量を削減し、パッケージのリサイクル性の向上が可能だ。

環境・社会・ガバナンス(ESG)問題への取り組み強化の一環として Loblaw は、2025年までにすべてのコントロールブランドおよび店内プラスチックパッケージを再利用可能またはリサイクル可能にすることを含め、気候変動対策に役立つ様々なパッケージングのコミットメントを確立している。この目標をサポートするために、同社はコントロールブランドのサプライヤーに、 Loblaw と世界最大の小売・消費財企業が設立したグローバルな消費財フォーラム「ゴールデンデザインルール」に従った新しいパッケージング基準を伝えた。

【参照ページ】
(原文)Loblaw leading the way with sustainable packaging on PC® and no name® coffee products
(日本語訳)コーヒー製品の持続可能な包装を先導

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る