核技術スタートアップのTAE、ゼロエミッション、非放射性核融合エネルギーの商業化に向け約340億円を調達

核技術スタートアップのTAEが、ゼロエミッション、非放射性核融合エネルギーの商業化に向け約340億円を調達

7月、核融合の新興企業であるTAE Technologiesは、研究炉の建設資金としてシリーズG-2資金調達ラウンドで2億5000万ドル(約340億円)を調達したことを発表した。

1998年に設立されたカリフォルニア州に本拠を置くTAEは、「地政学的な懸念や核拡散リスクがなく、最もクリーンで安全かつ経済的な核融合用地上燃料サイクル」である非放射性水素ホウ素を用いた核融合ベースのエネルギー開発のパイオニアである。同社の先進的なビーム駆動型電界反転配置(FRC)は、プラズマ物理学と加速器物理学を組み合わせたもので、カーボンフリーのエネルギーをグリッドに供給するために開発されたものだ。

今回の資金調達ラウンドの投資家には、2014年から機械学習で協業しているGoogleのほか、Chevron、住友商事、リマジンド・ベンチャーズ、TIFFインベストメント・マネジメントなどが名を連ねている。現在までにTAEは12億ドル(約1,600億円)を調達している。

TAEの第5世代原子炉「ノーマン」は2017年に打ち上げられ、当初は3000万度でプラズマを安定的に維持するように設計されていたが、7500万度でも安定的に維持できることが証明されている。

本資金調達で得た資金は、カリフォルニア州アーバインにある研究用原子炉「コペルニクス」の建設に充てられる予定だ。同社の6号炉「コペルニクス」は、TAEのFRCアプローチによる純エネルギー発電の実現可能性を実証するために設計される予定である。

【参照ページ】
(原文)TAE Technologies Exceeds Fusion Reactor Performance Goals By 250% As Company Closes $250 Million Financing Round, Totaling $1.2 Billion To Date
(日本語訳)TAEテクノロジーズ社が核融合炉の性能目標を250%上回り、2億5000万ドルの資金調達を完了、累計12億ドルの資金調達となる

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る