核技術スタートアップのTAE、ゼロエミッション、非放射性核融合エネルギーの商業化に向け約340億円を調達

核技術スタートアップのTAEが、ゼロエミッション、非放射性核融合エネルギーの商業化に向け約340億円を調達

7月、核融合の新興企業であるTAE Technologiesは、研究炉の建設資金としてシリーズG-2資金調達ラウンドで2億5000万ドル(約340億円)を調達したことを発表した。

1998年に設立されたカリフォルニア州に本拠を置くTAEは、「地政学的な懸念や核拡散リスクがなく、最もクリーンで安全かつ経済的な核融合用地上燃料サイクル」である非放射性水素ホウ素を用いた核融合ベースのエネルギー開発のパイオニアである。同社の先進的なビーム駆動型電界反転配置(FRC)は、プラズマ物理学と加速器物理学を組み合わせたもので、カーボンフリーのエネルギーをグリッドに供給するために開発されたものだ。

今回の資金調達ラウンドの投資家には、2014年から機械学習で協業しているGoogleのほか、Chevron、住友商事、リマジンド・ベンチャーズ、TIFFインベストメント・マネジメントなどが名を連ねている。現在までにTAEは12億ドル(約1,600億円)を調達している。

TAEの第5世代原子炉「ノーマン」は2017年に打ち上げられ、当初は3000万度でプラズマを安定的に維持するように設計されていたが、7500万度でも安定的に維持できることが証明されている。

本資金調達で得た資金は、カリフォルニア州アーバインにある研究用原子炉「コペルニクス」の建設に充てられる予定だ。同社の6号炉「コペルニクス」は、TAEのFRCアプローチによる純エネルギー発電の実現可能性を実証するために設計される予定である。

【参照ページ】
(原文)TAE Technologies Exceeds Fusion Reactor Performance Goals By 250% As Company Closes $250 Million Financing Round, Totaling $1.2 Billion To Date
(日本語訳)TAEテクノロジーズ社が核融合炉の性能目標を250%上回り、2億5000万ドルの資金調達を完了、累計12億ドルの資金調達となる

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る