BNPP AM、持続可能なインパクト・インベストメント・ソリューションを拡充

1月10日、BNPパリバ・アセット・マネジメント(BNPP AM)は、新たなグローバル・サステナビリティ戦略(GSS)を発表し、投資においてサステナビリティへの配慮を適用するアプローチを更新するとともに、気候、自然ベースのソリューション、経済的平等を含むテーマにわたる持続可能でインパクトのある投資ソリューションの範囲を拡大する目標を盛り込んだ。

新しいサステナビリティ戦略は、BNPP AMが2019年に発表した初のGSSに続くもので、投資プロセスへのESG要因の統合と、ESG課題へのエンゲージメントとスチュワードシップ・アプローチの強化に焦点を当てている。

BNPP AMは、そのサステナビリティ戦略の進展を強調し、ESGへの配慮を商品オファリングに統合した結果、欧州籍オープンエンド型ファンドのAUMの90%以上がEUのSFDR規制の第8条または第9条に分類されるに至ったと指摘した。

GSSは、エネルギー転換、健全な生態系、平等の拡大を含む3つの主要テーマ、すなわち「3E」の達成に焦点を当てている。これらのテーマの下、戦略で詳述されている主な重点分野には、気候変動や環境をテーマとした投資の大幅な増加、自然をベースとした幅広いソリューションの強化と新たな林業ファンドの設立、平等や社会的テーマに関連した新たな投資戦略の開発などが含まれる。

本テーマ別重点投資は、BNPP AMのGSSの「6つの柱」アプローチの一環をなすもので、投資先企業に対する責任ある事業行動への期待、ESG統合原則の適用、独自のサステナビリティ・リサーチの開発、スチュワードシップとエンゲージメント、商品ラインナップ全体へのサステナビリティの統合、サステナビリティ・アプローチへの独自の社内CSR(企業の社会的責任)戦略の追加なども含まれる。

本戦略には、ESGデータ・プログラムへの投資やESGリサーチ手法の開発支援、従業員や顧客への教育機会の提供、グリーンウォッシュのリスク回避を含むコミュニケーションと知識の共有の強化など、一連の社内優先課題も含まれている。

【参照ページ】
(原文)Global Sustainability Strategy – An update on how we deliver meaningful returns
(日本語参考訳)BNPパリバAM、持続可能なインパクト・インベストメント・ソリューションを拡充

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る