ライオンデルバセルとピジョン・シンガポール、哺乳瓶へのバイオポリマー配合で提携

12月22日、化学世界大手蘭ライオンデルバセルは、東南アジア、中近東、アフリカ、オセアニア地域で高品質な母乳育児用品を製造するピジョン・シンガポールとの哺乳瓶の持続可能な研究開発における協業について発表した。ピジョンの哺乳びんは、100%バージンポリプロピレン樹脂からの転換の一環として、ライオンデルバセルのバイオベースポリプロピレンポリマー「サーキュレンリニュー・ポリマー」を採用し、リニューアルを行う。

サーキュレンリニュー・ポリマーは、リニューアルしたピジョンの哺乳びん「ソフタッチT-エステル」「PPSU」「ガラス」のキャップとフード、PP哺乳びん・PPストローびんのキャップ、フード、ボトルに使用。また、PPストローボトルのボトルハンドルにも使用される。

サーキュレンリニュー・ポリマーは、バイオベースの廃棄物や使用済み食用油などの残渣油から得られる再生可能な原料から作られている。これらの原料は、従来の生産工程で従来の原料とともに使用され、ISCC PLUS認証のマスバランスアプローチを使用してサーキュレンリニュー製品に配分。再生可能な原料を使用することで、化石由来の原料に比べてカーボンフットプリントが低くなる。

ピジョンは、岩谷産業およびライオンデルバセルとの緊密な協力のもと、サーキュレンリニューを使用したリニューアルシリーズ「ピジョンソフタッチ哺乳びん」を2023年12月よりインドネシアで発売した。2024年には東南アジア、中東、アフリカ、オセアニアのその他の市場でも発売する予定。

【参照ページ】
(原文)LyondellBasell and Pigeon Singapore Collaborate to Incorporate CirculenRenew Polymers in Nursing Bottles
(日本語参考訳)ライオンデルバセルとピジョン・シンガポール、哺乳瓶へのバイオポリマー配合で提携

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る