ライオンデルバセルとピジョン・シンガポール、哺乳瓶へのバイオポリマー配合で提携

12月22日、化学世界大手蘭ライオンデルバセルは、東南アジア、中近東、アフリカ、オセアニア地域で高品質な母乳育児用品を製造するピジョン・シンガポールとの哺乳瓶の持続可能な研究開発における協業について発表した。ピジョンの哺乳びんは、100%バージンポリプロピレン樹脂からの転換の一環として、ライオンデルバセルのバイオベースポリプロピレンポリマー「サーキュレンリニュー・ポリマー」を採用し、リニューアルを行う。

サーキュレンリニュー・ポリマーは、リニューアルしたピジョンの哺乳びん「ソフタッチT-エステル」「PPSU」「ガラス」のキャップとフード、PP哺乳びん・PPストローびんのキャップ、フード、ボトルに使用。また、PPストローボトルのボトルハンドルにも使用される。

サーキュレンリニュー・ポリマーは、バイオベースの廃棄物や使用済み食用油などの残渣油から得られる再生可能な原料から作られている。これらの原料は、従来の生産工程で従来の原料とともに使用され、ISCC PLUS認証のマスバランスアプローチを使用してサーキュレンリニュー製品に配分。再生可能な原料を使用することで、化石由来の原料に比べてカーボンフットプリントが低くなる。

ピジョンは、岩谷産業およびライオンデルバセルとの緊密な協力のもと、サーキュレンリニューを使用したリニューアルシリーズ「ピジョンソフタッチ哺乳びん」を2023年12月よりインドネシアで発売した。2024年には東南アジア、中東、アフリカ、オセアニアのその他の市場でも発売する予定。

【参照ページ】
(原文)LyondellBasell and Pigeon Singapore Collaborate to Incorporate CirculenRenew Polymers in Nursing Bottles
(日本語参考訳)ライオンデルバセルとピジョン・シンガポール、哺乳瓶へのバイオポリマー配合で提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る