Dow、プラスチックのリサイクルと循環型社会の実現に向け、キャパシティ拡大

Dowはプラスチックのリサイクルと循環型社会の実現に向け、キャパシティを拡大。

7月21日、化学および材料科学大手のDowは、同社の循環型能力の加速とプラスチックリサイクル能力の大幅な拡大を目的とした一連の投資およびパートナーシップを発表した。

新しい取り組みにより、Dowはポリエチレンの原料である再生プラスチックの世界最大の消費者になると述べている。本プロジェクトには、高度なリサイクルシステムと機械的リサイクルシステムの両方への投資が含まれている。新しい取り組みの中で最大のものは、高度リサイクルソリューションプロバイダーのMura Technologyとの計画で、米国と欧州に複数の大規模リサイクル施設を建設するものだ。

Mura Technology との提携により、2030年までに最大60万トンのプラスチックリサイクル能力が追加される予定で、これはDowにとってこれまでで最大の先進的リサイクルへの取り組みとなる。Dowは、これらの施設から回収されるプラスチック原料を利用して、グローバルブランドからの需要が高まっているバージングレードのプラスチックを生産する予定だ。

Dowはまた、フランスのプラスチック再生業者であるValoregenと、ダウのRevoloop PCRベースのパッケージング製品に使用される消費者使用済み再生(PCR)樹脂の主な受け手として、フランスで最大のハイブリッドリサイクル施設を建設する契約を結んだと発表した。

さらにDowは、テキサス州ダラスにある新しいリサイクル施設の生産量を確保するため、高度リサイクル企業であるNexus Circularと合意したことを発表した。同施設では、これまでリサイクルされていなかった26,000トン以上のプラスチックを処理し、食品接触、健康、衛生、フィットネス用途の新しいプラスチックの原料に転換する予定だ。

CEOのJim Fitterlingは電話会議で、世界の主要ブランドが循環型製品やソリューションへの需要を高めているため、新たなリサイクル投資が行われていると述べた。

【参照ページ】
(原文)Dow and Mura Technology announce largest commitment of its kind to scale advanced recycling of plastics

(日本語訳)ダウとムラ・テクノロジー、プラスチックの高度なリサイクルを実現するため、最大規模の取り組みを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る