バカルディ、新しい熱電併給システムでラム酒からの排出量を半減

バカルディ、新しい熱電併給システムでラム酒からの排出量を半減

10月2日、世界的なワイン・スピリッツ企業であるバカルディは、プエルトリコのラム酒蒸留所において、熱電併給(CHP)システムを新たに稼動させ、バカルディ・ラム酒ブランドの温室効果ガス(GHG)排出量を半減させると発表した。

新しいCHPシステムは、世界最大のプレミアム・ラム蒸留所である同施設において、重油を比較的クリーンなエネルギーソリューションであるプロパンガスに置き換えるものである。バカルディによると、本システムは、蒸留所やオフィス、カサ・バカルディ・ビジター・センターを含むプエルトリコのカタニョ・キャンパスで使用されるエネルギーの100%を発電する。

同社によると、新施設の立ち上げは、同社の排出削減努力における重要な一歩となる。同社のサステナビリティ目標には、2025年までに事業全体で排出量を50%削減するという目標が含まれている。バカルディは、廃水を浄化してバイオガスを発生させることにより、蒸留所のエネルギーの60%以上を生成すること、蒸留中に発生する熱の95%を再利用すること、発酵工程からCO2を回収するプロジェクトを開発すること、地元の野生生物を支援するために受粉媒介者ガーデンを植えることなど、同社が進めているその他の環境への取り組みについて概説した。

【参照ページ】
(参考記事)BACARDÍ® Rum Inaugurates System to Cut Greenhouse Gas Emissions by 50%

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る