EU、2030年までのロシアへの化石燃料依存の大幅な低減を発表

EU、2030年までのロシアへの化石燃料依存の大幅な低減を発表

3月9日、欧州委員会はロシアのウクライナ攻撃を受け、EU加盟国を2030年までにロシアの化石燃料依存度の低減を想定した計画「REPowerEU」の概要を提案した。これにより、年末までに欧州のロシア産ガス需要を3分の2に削減する。

ロシアが大量の石油とガスを生産・輸出していることから、ロシアのウクライナ攻撃が始まって以来、エネルギー供給の安全保障とロシアの化石燃料への依存の低減が世界各国政府の最重要課題となってきた。

こうした背景から、米国政府はすでにロシアの石油・液化天然ガス・石炭の輸入を禁止し、英国政府もロシアの石油の輸入を段階的に停止することを決定している。

昨年、米国はロシアから1日当たり70万バレル近い原油と石油精製品を輸入していた。一方、ロシアの輸入量は英国の石油総需要の8%を占めている。またEUはガス消費量の90%を輸入しており、そのうち約45%がロシアからの調達である。また、石油でのロシア調達率は約25%で、石炭輸入も約45%を占めている。

本計画では、欧州のエネルギー価格の上昇に対応し、来年の冬に向けてガス在庫を補充するための一連の措置を概説している。

【参照ページ】
 EU outlines actions to eliminate dependence on Russian fossil fuels

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る