Nestlé、約465億円を投じてメキシコにグリーン電力・廃水ゼロのコーヒー工場を開設

7月26日、世界的な食品・飲料メーカーであるNestléは、メキシコのベラクルスに3億4千万ドル(約465億円)を投じ、クリーンな電力と廃水ゼロのネスカフェコーヒー工場を新たに開設したことを発表した。

Nestléは昨年、「ネスカフェ」ブランドのサステナビリティに関する一連のコミットメントを発表した。その中には、2025年までに責任ある方法で調達されたコーヒーを100%実現すること、2025年までにリサイクルまたは再利用可能なパッケージを100%実現すること、さらにサプライチェーン全体で環境への影響を低減するための気候関連措置に投資することなどの目標が含まれている。

Nestléによると、新施設は、水の再循環を100%確保する排水処理システム、排水ゼロ、廃棄物埋め立てゼロ、コーヒー工程から出る生物由来の廃棄物を利用したバイオマスボイラーなど、最新設備とグリーンエネルギーを活用して水とエネルギーの消費を削減する。

【参照ページ】
(原文)Nestlé invests USD 340 million in new Nescafé coffee factory in Mexico
(日本語訳)Nestlé、3億4,000万ドルを投じてメキシコにグリーン電力・廃水ゼロのコーヒー工場を開設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る