ユナイテッド航空、米航空会社で初、機内インテリアに点字を導入 

7月27日、ユナイテッド航空は、米航空会社として初めて航空機の内装に点字を追加し、視覚障害者が列番号、座席指定、化粧室の位置を単独で識別できるようにした。運輸省によると、2019年には約2,700万人の障害者が飛行機を利用している。

ユナイテッド航空は現在、約12機の航空機に個々の列と座席番号、化粧室内外の点字表示を装備している。ユナイテッド航空は、2026年末までに主要路線の全航空機に点字を装備する予定である。

点字の追加に加え、ユナイテッド航空は全米盲人連合(NFB)、米国盲人協会(ACB)、その他の障害者支援団体と協力し、盛り上がった文字、数字、矢印など、機内の至る所で他の触覚ナビゲーション補助具の使用を検討している。

ユナイテッド航空は、8年連続で「障害を持つ人をインクルージョン(包摂)するために最も働きがいのある会社」に認定され、米国障害者協会とDisability:INの共同イニシアティブである、障害者のインクルージョンを推進するためのベンチマークツール「Disability Equality Index」で最高得点を獲得した。

同社は、モバイルアプリ上でも、色彩コントラストの強調、グラフィック間のスペース拡張、情報の表示順序の変更等、VoiceOverやTalkBackの導入を含め、視覚障害者が使いやすいよう改修している。また、座席のエンターテイメント画面でも、様々なアクセシブル機能を搭載している。

【参照ページ】
(原文)United Becomes First U.S. Airline to Add Braille to Aircraft Cabin Interiors
(日本語訳)ユナイテッド航空、機内インテリアに点字を導入。米航空会社初

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る