PIVOT BIO、4億3,000万米ドルを調達

7月19日、Pivot Bio社は、DCVCとTemasekが主導する出資ラウンドで450億円超を調達したと発表した。同社の累計調達額は600億円を超えた。
PIVOT BIO社は旧来の合成窒素肥料に代わる微生物窒素肥料を提供している企業だ。

1,970億ドル規模の世界市場である合成肥料は、作物に関連する温室効果ガスの主要な原因であり、土壌を枯渇させ、水源や漁業に悪影響を与えいるが、Pivot Bio社の技術は、合成窒素の悪影響を排除し、今後10年間で2,000億ドルの環境破壊を防ぐことができ、また、不安定な気候に直面する農家に安定した収量と利益を提供することができるとしている。
Pivot Bio社は、合成窒素に代わる肥料を、農家の厳しい要求を満たす規模と性能で出荷している。

合成窒素肥料は、グローバルな食糧システムの需要を支えているのは確かだが、合成窒素肥料は非効率的で、農家にとっては高価であり、世界の温室効果ガス排出量の7%を占め、土壌を劣化させ、水源や漁業に悪影響を与えるなど、合成窒素はもはや農家や食料安全保障にとって実行可能なソリューションではないとしている。

【参照ページ】
(原文)PIVOT BIO RAISES $430 MILLION TO REPLACE SYNTHETIC FERTILIZERS IN AG

(日本語訳)PIVOT BIO、450億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る