EU、国際インフラ計画立ち上げ。中国「一帯一路」に対抗

EU、国際インフラ計画立ち上げ 中国「一帯一路」に対抗

EU外相は7月12日、「A globally connected Europe」と呼ばれる欧州と世界を結ぶグローバルなインフラ計画を立ち上げることで合意した。

背景には高い成長を続けるアジアやEUの領域に近いバルカン半島諸国で、中国の存在感が高まってきた現状への警戒感がある。環境や透明性を前面に出し、発展途上国や新興国に新たな選択肢を示す。日本、アメリカ、インド、ASEAN、G7などとの協力も進めるとし、2022年春までに文書の内容を具体化する予定だ。

【参照ページ】A globally connected Europe: Council approves conclusions

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る