三井物産とJOGMEC出資のArctic2、米政府の経済制裁対象者に指定

11月3日、三井物産は、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同出資するオランダ法人Japan Arcticを通じて出資している Arctic LNG 2(Arctic2)が、米国財務省外国資産管理局によりSDN(経済制裁対象者)に指定されたと発表した。

同社は、現時点における、2024年3月期業績見通し及び今後の株主還元方針に変更はないとしつつ、「日本政府を含むステークホルダーと連携しながら適切に対応していく」とした。

Arctic LNG2プロジェクトは、北極圏にあるロシア北部ギダン半島の在来型陸上ガス田を開発し、年間1,980万tの生産能力を持つ天然ガス液化設備を建設するもの。2023年頃からのLNG生産開始が予定されていた。

【参照ページ】
ロシア・アークティックLNG 2プロジェクトに関するお知らせ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る