三菱商事、独ボッシュ及び中国BPSEとEVバッテリーサービスで提携

三菱商事・ボッシュ・BPSE、EVバッテリーサービスで提携

3月4日、三菱商事株式会社、ロバート・ボッシュGmbH (ボッシュ)及び北京汽車傘下の Blue Park Smart Energy Technology Co. LTD(BPSE)は、ボッシュが開発した「バッテリー・イン・ザ・クラウド(電池をクラウド上で管理する技術)」を BPSE の電池交換式プラットフォームに搭載し、当社の電池に関する商業化知見を組み合わせることにより、電動車(EV)向けの電池サービス事業の共同での開発に合意した。

自動車の電動化に対する要求は日増しに高まっているが、EV導入費用の削減・充電中の車両非稼働時間の低減・不確実性のあるバッテリーの制御など、EV維持費用の改善が本格的な普及に向けて求められている。

バッテリー・イン・ザ・クラウドは、電池を継続的に監視・分析し、ビッグデータの利点を最大限に活用し、電池状態を最適化することにより、電池のパフォーマンスと寿命を最大化させ、EV維持費用を低減させることが出来る。また、電池交換式プラットフォームは EV の充電時間を短縮し、高稼働率が要求されている商用車分野に於ける解決手段の一つと考えられている。

3社は、バッテリー・イン・ザ・クラウドを電池交換式プラットフォームに適応し、電池の劣化状態・寿命の予測・充電等の状況を可視化する管理ソフトウェアを共同で開発し、EVを保有するモビリティサービスプロバイダーやファイナンスを提供する金融機関向けにモニタリングサービスを提供することより、EV普及の課題解決を目指す。

【参照ページ】
 『EV 電池の見える化』を通じた、EV の普及に向けた新規サービスモデル構築について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る