EUのサステナビリティ報告書規制緩和案、投資家と銀行が反発

7月7日、Eurosif、PRI、IIGCC、EFAMA、UNEP FIを含む投資およびサステナブル投資団体の連合は、90以上の資産運用会社とともに、欧州委員会に対し、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の最近の変更案を再考するよう求める共同声明を発表した。本変更案は、EUの企業サステナビリティ報告指令(CSRD)のいくつかの側面を緩和するものである。

声明によると、変更案は、投資家が投資判断に必要なサステナビリティ関連情報を入手する能力に影響を与えるだけでなく、EUの持続可能な金融情報開示規則(SFDR)に基づくものを含む、投資家自身の報告要件を満たす能力を低下させる。

CSRDは2024年初頭から適用開始される予定で、現在のEUのサステナビリティ報告の枠組みである2014年非財務報告指令(NFRD)を大幅に更新することを目的としている。新規則では、サステナビリティの開示が求められる企業数が現在の約12,000社から50,000社以上に大幅に拡大され、環境、人権、社会基準、サステナビリティ関連のリスクに対する企業の影響について、より詳細な報告要件が導入される。

欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、2020年6月に欧州委員会から新たなEUサステナビリティ報告基準の準備を委任され、2022年11月にEFRAGはESRSの最終草案を提出した。

EFRAGの提出後、EU委員会は規制当局や加盟国の持続可能な金融グループと協議を行ったが、同委員会によると、一部の報告要件の「困難な性質」について懸念が示されたという。2023年6月、EU委員会はESRSの一連の変更案を発表し、いくつかの報告要件を緩和した。主な変更点のひとつは、一連の一般開示を除くすべての開示要求事項を重要性評価の対象とする提案で、これにより企業は、自社の事業にとって重要であると考えるサステナビリティ要因に絞って報告できるようになる。

しかし、投資家声明の主な懸念事項のひとつは、本提案では、特定のトピックが重要であると判断された理由や、重要でないと判断された理由について、企業による自主的な開示も認められていることである。

最終的には、何が報告すべき重要事項で、何が重要事項でないかを決定するのは、コンサルタントやアドバイザーの支援を受けた企業次第である、と声明は述べている。

具体的には、スコープ1、2、3の排出量や移行計画を含む主要な気候変動開示の維持、SFDR報告など投資家の規制要件に関連する項目の報告義務化、サステナビリティトピックが重要でないと判断された理由の説明義務化、非従業員の自社従業員や生物多様性移行計画に関する開示の任意性の再検討などが挙げられている。また、投資家はEUに対し、ISSBおよびGRI基準との相互運用性を可能な限り確保するよう求めている。

【参照ページ】
(原文)Investors and financial industry call for ambitious EU Sustainability Reporting Standards (ESRS)
(日本語訳)EUのサステナビリティ報告書規制緩和案に投資家と銀行が反発

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る