ボーイング、世界のSAF生産能力を追跡するツールを発表

ボーイング、世界のSAF生産能力を追跡するツールを発表

6月20日、航空宇宙大手のボーイングは、今後10年間の持続可能な航空燃料(SAF)の生産能力を追跡し、ジェット燃料の総消費量に対するSAFの予測使用量を視覚化できる新しいツール「SAFダッシュボード」を発表した。

新しいダッシュボードは、ボーイングが今年初めに公開したCascadeに続くもので、航空による気候変動への影響に対処するため、さまざまな航空脱炭素化技術を評価することを目的としたデータツールである。ボーイングがCascadeを使用して発表した調査結果によると、SAFは現行の航空機に使用できることから、今後数年間で炭素排出量の削減に最も貢献することが示された。

燃料は航空セクターの排出量の大部分を占める。一般的に、SAFは廃油や農業残渣などの持続可能な資源から生産され、従来の燃料に比べてライフサイクルGHG排出量を85%も削減できると期待されている。

しかし、航空会社によるSAFの利用を大幅に増やす努力は、現在市場に出回っている供給量の少なさや、従来の化石燃料をはるかに上回る価格など、大きな課題に直面している。

新しいダッシュボードは、BloombergNEFが収集したデータを使用して、世界のSAF生産能力に関する発表を照合し、生産経路、場所、その他の指標別に必要な供給量を算出する。主な機能としては、国別のフィルター機能、選択した稼働日別の累積生産予定量の表示、日付別、燃料タイプ別、経路別の燃料生産量変更発表の表示、設備のライフサイクル・ステージ別の生産能力発表の表示、生産能力の何パーセントが最終的に生産されるかの仮定設定、累積発表生産量の経時的な表示などがある。

ダッシュボードには、SAF対ジェット燃料消費マップも含まれており、地域別、選択した年別のジェット燃料総消費量に対するSAFの使用割合を見ることができる。

【参照ページ】
(原文)Boeing Launches SAF Dashboard to Track and Project Sustainable Aviation Fuel Production
(日本語参考訳)ボーイング、世界のSAF生産能力を追跡するツールを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る