イーライリリー、社会的インパクトのあるベンチャーキャピタルに約67億円出資

5月9日、イーライリリー・アンド・カンパニーは、現在3億ドル(約400億円)規模のソーシャル・インパクト・ベンチャー・キャピタル・ポートフォリオに5,000万ドル(約67億円)を追加配分した。これは、営利目的の投資を通じて、医薬品の枠を超えて患者や社会にプラスの影響を与えるという同社のコミットメントを反映している。

本ポートフォリオは、米国における人種的不公正とその黒人や歴史的に疎外されたコミュニティへの影響に立ち向かうリリーの取り組みや、2030年までに限られた資源で生活する年間3千万人に質の高い医療へのアクセスを改善するグローバルイニシアティブである「Lilly 30×30」に合致するものである。

追加の5,000万ドル(約67億円)は、病院システム、薬局、医療機器、デジタルヘルス、診断薬、治療薬など、低・中所得国の患者のための近・長期的なヘルスケアソリューションに特化したベンチャーキャピタル企業に向けて提供される。

この配分には、LeapFrog Emerging Consumer Fund IVへの最近のコミットメントが含まれている。LeapFrogは、南・東南アジアおよびアフリカの企業に投資するインパクト・グロース・エクイティ・ファンド。特に、ウェルネスを促進し、慢性疾患の予防と管理に役立つ適切で手頃な価格の製品を提供することにより、低所得の消費者に革新的なヘルスケアソリューションを提供している。

リリーは2020年にソーシャル・インパクト・ベンチャー・キャピタル・ポートフォリオを立ち上げた。すでに、2030年までに2~4種類の新しい抗生物質を患者に提供し、多剤耐性病原体に対する次の防衛ラインを提供することを目的とするAMR アクションファンドに1億ドル(約135億円)を拠出している。2023年4月、AMR アクションファンドは、さまざまな感染症を対象とするバイオテクノロジー企業への最新の投資先を発表した。

2020年以降、リリーは人種的正義のコミットメントの一環として1億5,000万ドル(約200億円)を割り当て、そのうち1億1000万ドル(約148億円)はすでに、米国を拠点に新たに設立された黒人およびマイノリティ主導のベンチャーキャピタル8社(うち4社は女性が率いる)にコミットしている。

これらの投資を通じて、リリーは米国を拠点とする50社以上の新興企業に間接的に資金を提供している。その多くは、臨床試験の多様性の向上、女性の健康管理の重視、文化的に適切なケアの促進、社会から疎外されたコミュニティの医療アクセスや価格の向上など、ヘルスケアソリューションの構築に焦点を当てている。

【参照ページ】
Lilly’s Social Impact Venture Capital Portfolio Poised to Grow to $300 Million with New $50 Million Allocation

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る