COSO、「サステナビリティ・レポーティングに係る有効な内部統制の実現」(ICSR)補足ガイダンスを新たに公開

3月20日、トレッドウェイ委員会支援組織委員会(COSO)は、世界的に認知されているCOSO内部統制統合フレームワーク(ICIF)を用いて、組織が効果的なサステナビリティ報告に関する内部統制(ICSR)を実現するための補足ガイダンスと画期的な研究を発表した。COSOは、ICIFの活用により、ESG/サステナビリティ報告、情報公開、企業の意思決定に対する信頼と信用を構築できると考えている。

過去20年にわたるICIFの財務報告への適用で得られた重要な知識を活用した「サステナビリティ報告に関する効果的な内部統制の実現(ICSR):COSO内部統制統合フレームワークによる信頼と信用の構築」は、内部統制の辞書に「サステナビリティ報告に関する内部統制」(ICSR)を導入している。新しい研究は、共著者の3人による2017年の研究「COSO内部統制統合フレームワークを活用したサステナビリティ業績データの信頼性向上」を参照・発展させたもの。

補足ガイダンスは、組織や実務家が財務及び持続可能なビジネス情報に対する効果的な内部統制システムの確立と維持に向けた旅路を開始または継続する際に、いくつかの重要なテーマを指摘している。ICSRはまだ実践の場では十分に確立されていないが、本ペーパーでは、組織の経験から得られる重要な洞察について論じている。今回の研究では、ICIF-2013の17の原則のそれぞれについて説明し、サステナビリティへの適用について解釈している。さらに、補足ガイダンスの実践的な洞察と適用とともに、ICIFからの「注目点」が含まれている。

【参照ページ】
(原文)COSO Releases New “Achieving Effective Internal Control Over Sustainability Reporting” (ICSR) Supplemental Guidance
(日本語参考訳)COSO、「サステナビリティ・レポーティングに係る有効な内部統制の実現」(ICSR)補足ガイダンスを新たに公開

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る