COP28、IRENAとGRAと共に2030年までに再エネ発電容量3倍に向けたロードマップを発表

10月30日、国連気候変動枠組条約第28回ドバイ締約国会議(COP28)の開催国であるアラブ首長国連邦(UAE)、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)、世界自然エネルギー連合(GRA)は、2030年までに世界の再生可能エネルギー発電容量を3倍の11,000GWに、エネルギー効率を年平均2倍に改善するための共同報告書「Tripling Renewable Power and Doubling Energy Efficiency by 2030: Crucial Steps Towards 1.5 °C」を発表した。

本報告書は、世界の再生可能エネルギー容量を少なくとも11,000GWまで増加させるとともに、目標期間中のエネルギー効率改善を年平均で倍増させる方法について、政府と民間部門に実行可能な政策提言を提供するものである。これは、COP28議長国の行動アジェンダの目標である、1.5℃を達成し続けるための公正で秩序あるエネルギー転換の迅速な推進に該当する。

本報告書は、COP28の1ヶ月前にアブダビで開催されたプレCOPの傍らで発表された。プレCOPは、世界気候サミットでの交渉に向け、各国が基礎固めをするための会議である。

本報告書は、IRENAの「World Energy Transitions Outlook 2023: 1.5 °C pathway」に掲載された分析結果を広範に引用しており、主要な政策を5つのセクションに分け、以下の内容を網羅している。

  • インフラとシステム運用:電力網、エネルギー貯蔵、最終用途の電化、セクター連結とインフラ計画、需要側管理
  • 政策と規制:エネルギー効率の改善、市場インセンティブと財政政策、電力市場の設計と規制、許認可の合理化、負の影響の削減、社会的・環境的便益の最大化
  • サプライチェーン、技能、能力:レジリエントなサプライチェーンの構築、教育、訓練、能力開発
  • 公的・民間資金の拡大
  • 国際協力の強化

【参照ページ】
(原文)COP28, IRENA and Global Renewables Alliance outline roadmap at Pre-COP on fast-tracking the energy transition by tripling renewable power and doubling energy efficiency by 2030
(日本語参考訳)COP28、IRENAとGRAと共に2030年までに再エネ発電容量3倍に向けたロードマップを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る