WHO、タバコ産業の環境影響に警鐘を鳴らす

5月31日、世界保健機関(WHO)は、タバコが環境と人間の健康をどの程度害しているかについての新たな情報を明らかにし、タバコ産業が引き起こしている破壊に対してより責任を負うようにするための措置を呼びかけた。

WHOによると、タバコ産業は毎年、800万人以上の人命、6億本の樹木、2億ヘクタールの土地、220億トンの水、8400万トンの二酸化炭素を犠牲にしている。そして、タバコの大半は低・中所得国で栽培されており、その地域の食糧を生産するために水と農地がどうしても必要な場合が多い。タバコ栽培によって、水資源の過消費や森林の開拓が問題となっている。

また、タバコ・無煙タバコ・電子タバコなどの製品も、プラスチック汚染の蓄積に拍車をかけている。タバコのフィルターにはマイクロプラスチックが含まれており、世界で2番目に高いプラスチック汚染を構成している。

さらに、ポイ捨てされたタバコ製品の清掃費用は、問題を起こした業界ではなく、納税者の負担になっている。毎年、中国にはおよそ26億米ドル(約3,486億円)、インドにはおよそ7億6,600万米ドル(約1,027億円)の費用がかかっている。ブラジルとドイツでのコストは2億米ドル(約268億円)以上である。

以上のような状況下、フランスやスペインなどの国や、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコなどの都市は、汚染者負担の原則に基づき、タバコ産業に汚染除去の責任を負わせる「拡大生産者責任法」の施行に成功している。

WHOは、国や都市がこの例に倣い、タバコ農家が持続可能な作物に転換するのを支援し、強力なタバコ税(環境税も含む)を導入し、タバコをやめるための支援サービスを提供することを強く求めている。

【参照ページ】
(原文)WHO raises alarm on tobacco industry environmental impact
(日本語訳)WHO、タバコ産業の環境影響に警鐘を鳴らす

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る