App Store、2021年に約15億ドルの不正取引を阻止

6月1日、Appleは、昨年の初回不正防止分析を発表した。分析の結果、2021年だけでもAppleの洗練されたテクノロジーと人間の専門知識の組み合わせによって、15億ドル以上の不正の可能性がある取引から顧客を守り、顧客のお金、情報、時間の盗難未遂を防ぎ、問題のある新しいアプリケーションを100万個近く手放さないようにしたという。

Appleは、App Storeを人々がアプリケーションを発見しダウンロードするための安全で信頼できる場所として維持することに専心しており、デベロッパとユーザを欺こうとする悪質業者の検知と対策に向けたAppleの継続的な取り組みが行われている。悪質業者はオンライン詐欺の手法を進化させ続けており、しばしばその手口を見分けるのが難しくなっている。そのためAppleは、これらの脅威に対抗するためのプロセスを改良し、新しいプロセスを作り、ソリューションを開発し続けてきた。

App Storeでの不正行為を防止し、減らすためのAppleの取り組みには、複数のチームによる継続的な監視と警戒が必要だ。App ReviewからDiscovery Fraudまで、不正なアプリケーションの動きからユーザを守るためのAppleの継続的な取り組みは、独立した著名なセキュリティ専門家が、App Storeはアプリケーションを検索しダウンロードする場所として最も安全であると述べた理由を改めて実証している。

【参照ページ】
(原文)App Store stopped nearly $1.5 billion in fraudulent transactions in 2021
(日本語訳)App Store、2021年に約15億ドルの不正取引を阻止

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る