シェル、バイオ燃料施設の現地建設を一時停止へ

7月2日、シェル(Shell)の子会社であるShell Nederland Raffinaderij B.V.は、オランダのShell Energy and Chemicals Park Rotterdamにある年産82万トンのバイオ燃料施設の現地建設作業を一時的に停止すると発表した。この決定は、プロジェクトの納期を見直し、市場の現状を踏まえて将来の競争力を確保するためのものであるという。これにより、コスト管理とプロジェクトの最適化が期待される。

同社によると、現地建設の一時停止に伴い、このプロジェクトの減損会計が実施される予定であり、詳細は7月5日に発表されるShellの第2四半期の更新ノートで提供される予定であるとした。Shellは2021年9月にこのバイオ燃料施設の最終投資決定を下しており、同施設は、廃棄物を原料とした持続可能な航空燃料(SAF)および再生可能ディーゼルを生産するために設計された。

Shellは2050年までにネットゼロ排出を目標としており様々な低炭素エネルギーソリューションの開発・普及に取り組んでいる。同社はブラジルのエネルギー会社Raizenとの合弁事業を通じて、世界最大の第二世代エタノールおよびサトウキビエタノールの生産者となっているという。また、2023年6月には、Shellは2023年から2025年の間に100億から150億ドルを投資し、電動モビリティ・低炭素燃料・再生可能電力生成・水素・炭素回収および貯留などの低炭素エネルギーソリューションの開発を支援する計画を発表している。

【参照ページ】
(原文)Shell to temporarily pause on-site construction of European biofuels facility

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る