Aether Fuels、資金調達で3,400万ドルを確保

6月27日、気候技術のスタートアップ企業であるAether Fuelsは、シリーズAの資金調達ラウンドで3,400万ドル(約54.4億円)を調達したと発表した。

同社はこの資金を用いて、航空業界および海運業界向けの持続可能な燃料を製造する独自技術「Aether Aurora」の規模拡大を加速させる予定だとした。同燃料は、同社の戦略的パートナーであるエネルギー研究開発GTI Energyからライセンスを受けた技術を活用し、化学(触媒)・設備(リアクター)・プロセスフローの革新により、プラント投資および運用コストを大幅に削減し、収率を向上させる変革的なフィッシャー・トロプシュ(Fischer-Tropsch)プロセス(FTプロセス)を実現する。また、FTプロセスは非常に柔軟性が高い技術であり、さまざまな種類の豊富な廃棄炭素原料からジェット燃料やその他の液体炭化水素への転換を可能にするため、他の多くの持続可能な航空燃料(SAF)製造プロセスが直面する供給制約を克服することができるとした。

また、同社は新たな資金を用いて、研究開発インフラをさらに拡大し、新しい触媒とプロセス技術をスケールアップし、現在稼働中の1.5ガロン/day規模のパイロットラインに続く、100ガロン/day規模のテスト生産プラントの建設を加速させる予定であると発表した。また、米国および東南アジアでのSAFおよび他の持続可能液体燃料を生産プロジェクトを含む、商業規模の生産施設のパイプラインを開発するとしている。また、プロジェクトの促進のため、AetherとGTI Energyは、GTI Energyのシカゴ近郊の構内にAetherの研究開発センターを設立したと発表した。

【参照ページ】
(原文)Aether Fuels Secures $34 Million in Series A Financing
(日本語参考訳)Aether Fuels、シリーズA資金調達で3,400万ドルを確保

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る