世界経済フォーラム、回復中の旅行業界において、新たな困難に備える必要性を示す

5月24日、世界経済フォーラムは、最新の旅行・観光業に関する調査結果を発表し、COVID-19 の大流行で大きな打撃を受けた旅行・観光業が、世界の多くの地域で回復の兆しを見せていると明らかにした。その中でも日本、米国、スペイン、フランス、ドイツが上位にランクインしている。

国際観光とビジネス旅行全体では、まだパンデミック前のレベルを下回っているが、予防接種率の向上、よりオープンな旅行への回帰、国内および自然をベースとした観光への需要の高まりによって、旅行分野の回復が後押しされている。多くの企業や観光地は、こうした需要の変化に適応してきた。UNWTOによると、2021年1月と2022年1月の国際観光客数の差は、2021年全体の観光客数の伸びよりも大きいという。

世界的な健康危機から徐々に回復するにつれ、特にワクチンの入手が容易になり、健康上の制限が解除されるにつれ、旅行・観光セクターは、進化する課題とリスクに直面し続けるため、長期的な包括性、持続性、弾力性を組み込む措置を取ることが重要になる。

ポジティブなトレンドにもかかわらず、旅行・観光セクターは、回復に向けて多くのハードルに直面しており、これには、ワクチンの偏在、生産能力の制約、労働力不足、サプライチェーンの途絶などが含まれる。

【参照ページ】
(原文)New travel and tourism study shows need to prepare for future headwinds, as sector shows signs of recovery
(日本語訳)世界経済フォーラム、回復中の旅行業界において、新たな困難に備える必要性を示す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る