化学メーカーLyondellBasell、216MWの太陽光発電と風力発電を購入

米国で216MWの太陽光発電と風力発電の購入契約に調印

6月29日、プラスチック、化学、精製会社であるLyondellBasellは、電力会社ENGIE North Americaとエネルギー会社Buckeye Partnersから、合計216MWの再生可能エネルギーに関する米国初の電力購入契約を締結したと発表した。

同社によると、同社のスコープ1および2の温室効果ガス(GHG)総排出量の約15%が電力消費に起因している。今回の契約により、年間約628,000MWhのクリーンな電力が供給され、年間225,000トンのCO2排出量を削減可能になると見込まれている。

ENGIE North Americaとの12年間の契約は、ENGIEがテキサス州Navarro郡とLimestone郡に保有する風力発電プロジェクトから供給される100MWの再生可能電力に関するもので、2022年後半の操業開始が予定されている。同契約により、年間約37万7,000MWhのクリーンな電力が供給され、約13万5,000トンのCO2削減に相当するという。

Buckeye Partnersとの10年間のPPAは、テキサス州ダラス郊外にある同社のFiles太陽光発電プロジェクトから供給される116MWの再生可能エネルギー電力に対するもので、2023年の稼働開始を予定している。同契約により、年間約251,000MWhのクリーン電力が発電され、約90,000トンのCO2に相当する。

LyondellBasellによると、今回の契約は、2030年までに電力の最低50%を再生可能エネルギーから調達するという目標をサポートするものだ。本目標は昨年9月に発表され、2030年までにスコープ1と2の絶対排出量を30%削減し、2050年までに全世界の事業所で排出量ゼロを達成するという目標を含む、他の気候変動に関する公約と一緒に発表された。

【参照ページ】
(原文)LyondellBasell Announces Renewable Energy Power Purchase Agreements
(日本語訳)LyondellBasell社、再生可能エネルギーの電力購入契約を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る