食品メーカーKraft Heinz 、再生可能エネルギーを購入し、米国生産の大部分を賄う

Kraft Heinz 、再生可能エネルギーを購入し、米国生産の大部分を賄う

6月29日、世界的な食品・飲料メーカーであるKraft Heinzは、Berkshire Hathaway Energyの子会社であるBHE Renewablesと、米国内の事業で使用する再生可能エネルギーの購入に関する仮想電力購入契約(VPPA)を締結したと発表した。

本契約により、Kraft Heinzは2022年末までに製造拠点におけるエネルギー使用量の15%以上を相殺し、2026年までに約60%に増加させるのに十分な再生可能エネルギーを購入する予定だ。Kraft Heinzは2020年に、2025年までに電力の大部分を再生可能エネルギーから購入するという目標を含む、一連のサステナビリティへのコミットメントを発表している。

新契約の再生可能エネルギーは、BHE Renewablesがテキサス州に保有する158MWのGopher Creek風力発電所から供給される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Kraft Heinz Inks Deal with BHE Renewables to Invest in Renewable Energy to Help Power U.S. Operations
(日本語訳)クラフト・ハインツがBHEリニューアブルズと契約し、米国事業の電力供給に貢献する再生可能エネルギーへの投資を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る