バイデン政権、気候変動の影響を把握する気候ポータルを立ち上げ

9月8日、バイデン政権は、異常気象や気候変動リスクを表示したマップを提供するポータルサイト「Climate Mapping for Resilience and Adaptation(CMRA)」を公開した。本サイトは、連邦政府の複数の情報源を集約し、気候の脅威に関する詳細な地域別データを提供する。また、気候変動対策として、補助金等の支援策情報も集約している。

「Climate Mapping for Resilience and Adaptation(CMRA)」は、コミュニティ、連邦政府機関、その他のレベルの政府機関が、気候リスクのリアルタイムの影響を把握し、回復力計画を強化するのに役立つ初のハブとなる。本ポータルは以下のような機能を備えている。

リアルタイム・モニタリング・ダッシュボード
猛暑警報・干ばつ状態・内陸および沿岸の洪水警報が出ている地域や、活発な山火事の場所、それらがもたらす大気質の悪い地域を示すマップがまとめられている。

地域の気候変動への影響の評価
暑さ、干ばつ、洪水に関するハザードレポートを国勢調査地区レベルで提供し、米国国家気候評価で使用された気候モデルに基づいて、低排出量および高排出量のシナリオにおける将来の影響予測を行っている。

資金調達の機会やその他の連邦政府のリソース
回復力を高めるために利用できる連邦政府のデータ、プログラム、資金提供の機会を一元化している。CMRA評価ツールは、州・地方・部族・準州の政府が連邦資金にアクセスする提案書を作成するのにも役立つ。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration Launches New Climate Portal to Help Communities Navigate Climate Change Impacts
(日本語訳)ファクト シート: バイデンハリス政権が新しい気候ポータルを立ち上げ、地域社会が気候変動の 影響を乗り切るのを支援

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る