積水化学と日立、デジタル技術を駆使した材料開発で協働

9月20日、積水化学工業と日立製作所は、材料に関するデータとAIなどのデジタル技術を駆使した材料開発で協働すると発表した。新材料開発の加速や研究開発の効率化・高度化を目指し、材料開発におけるマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を推進する。

両社は、積水化学の材料開発分野における高度なナレッジ・実績と、日立の先進デジタル技術・ナレッジを融合し、データ駆動型の材料開発基盤を開発する。日立のLumadaで展開されるさまざまなソリューションのほか、先行研究として進める先進技術も幅広く活用し、積水化学の実業務においてその有用性を検証するという。

今回発表された協働の内容は3つ。1つ目は、CMOSアニーリングを活用した材料特性の最適条件探索。日立が開発した量子コンピュータを疑似的に再現するCMOSアニーリングを材料開発分野に適応することにより、新材料の開発サイクルのさらなる短縮や高度化を目指す。

2つ目は、AIを用いて材料開発知識の整理を自動化し、多様な知識を蓄積するナレッジベースの構築。既存データの整理だけでなく公開データとの統合により不足情報を自動的に補完するほか、正しい情報を整理できたかなど不確実性の評価も行い、情報の信頼性向上を図る。蓄積した材料開発知識を横断的に検索できることで、実験情報の収集工数の削減が期待できる。

3つ目は、実験デジタルツインの構築と実験データ収集の自動化による材料実験業務のDX化。 材料開発の現場で行われる実験ワークフローをサイバー空間上に再現し、各プロセスの実験データを関連付け、実験デジタルツインを構築する。従来、一元管理の難しかった膨大な実験データの俯瞰的な分析を容易にするほか、データ検索やフォーマットの整合作業など負荷を軽減できる見込み。

【参照ページ】
積水化学と日立、材料開発におけるMI推進に向け、先進デジタル技術を用いた協創を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る