花王とカインズ、繰り返し使用可能な折りたたみコンテナをテスト導入

7月6日、花王株式会社とカインズは、製品の梱包材として繰り返し使用可能な折りたたみコンテナを東京都内のカインズ店舗にテスト導入すると発表した。両社協働で折りたたみコンテナの効果検証を実施し、活用の利点と課題を抽出する。

販売店に製品を納入する際に製品を梱包する梱包材については、これまでは主にリサイクル可能な段ボールが利用されてきた。繰り返し使用可能な折りたたみコンテナを導入することで、店舗での開封・廃棄作業の負担軽減や、リサイクル過程のCO2排出量削減が期待されている。

今回の取り組みは、花王グループ全社員を対象に2021年7月からスタートした、社員一人一人が持つアイデアを公募し、事業化や社内構造改革を実現させる制度「01KAO(ゼロワンカオウ)」において初めて具現化したものだ。また、同社が2019年4月に策定したESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」の中の「脱炭素」に貢献するものだ。

カインズにおいても、2021年10月に「くみまち構想」を策定し、2050年までにサプライチェーン全体のカーボンゼロを目指している。

本取り組みの検証期間は7月6日から12月31日までである。得られた知見を活かし、折りたたみコンテナの導入店舗拡大を図るとともに、業界全体の取り組みへと発展させることを目指す。

【参照ページ】
花王とカインズ、循環型梱包材として折りたたみコンテナをテスト導入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る