花王とカインズ、繰り返し使用可能な折りたたみコンテナをテスト導入

7月6日、花王株式会社とカインズは、製品の梱包材として繰り返し使用可能な折りたたみコンテナを東京都内のカインズ店舗にテスト導入すると発表した。両社協働で折りたたみコンテナの効果検証を実施し、活用の利点と課題を抽出する。

販売店に製品を納入する際に製品を梱包する梱包材については、これまでは主にリサイクル可能な段ボールが利用されてきた。繰り返し使用可能な折りたたみコンテナを導入することで、店舗での開封・廃棄作業の負担軽減や、リサイクル過程のCO2排出量削減が期待されている。

今回の取り組みは、花王グループ全社員を対象に2021年7月からスタートした、社員一人一人が持つアイデアを公募し、事業化や社内構造改革を実現させる制度「01KAO(ゼロワンカオウ)」において初めて具現化したものだ。また、同社が2019年4月に策定したESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」の中の「脱炭素」に貢献するものだ。

カインズにおいても、2021年10月に「くみまち構想」を策定し、2050年までにサプライチェーン全体のカーボンゼロを目指している。

本取り組みの検証期間は7月6日から12月31日までである。得られた知見を活かし、折りたたみコンテナの導入店舗拡大を図るとともに、業界全体の取り組みへと発展させることを目指す。

【参照ページ】
花王とカインズ、循環型梱包材として折りたたみコンテナをテスト導入

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る