MUFG、人権レポート2023を発行

MUFG、人権レポート2023を発行

6月8日、三菱UFJフィナンシャル・グループは、人権尊重への取り組みをまとめた「MUFG 人権レポート 2023」を発行した。

同社は人権尊重への取り組みを強化するとともに、自社の人権尊重に関する考えや取り組みをまとめた「MUFG 人権レポート 2023」を発行することとした。同社は、パーパスである「世界が進むチカラになる。」を体現するため、グループ・グローバル一体で持続可能な環境・社会の実現に貢献する。

本レポートのポイントは以下である。

  1. 人権方針/人権尊重の推進体制
    ① すべての行動の指針である「MUFG Way」のもとに定めている「MUFG グループ行動規範」を踏まえて「MUFG 人権方針」を制定。事業活動において人権尊重に取り組み、各ステークホルダーへ周知
    ② 「MUFG 人権方針」は取締役会で決定。人権尊重の取り組みは、執行のサステナビリティ委員会、経営会議の他、リスク管理委員会、グループコンプライアンス委員会においても審議され、取締役会、リスク委員会において監督を行う体制
    ③ 「ビジネスと人権」に知見を有する外部有識者を招き、経営陣と人権尊重に関するダイアログ実施。金融機関に期待される役割等を議論
  2. 人権デューデリジェンス(以下 人権 DD)への取り組み
    ① 同社にとって顕著な人権課題を洗い出し、深刻度・発生可能性を評価のうえ人権課題を整理。サステナビリティ委員会にて顕著な人権課題に対する今後の対応方針を議論。特定した人権課題に対し、各ステークホルダーに応じて対応を強化
  1. グリーバンス / 救済への取り組み
    ① ハラスメント等の内部通報・相談窓口
    ② お客さまからのご意見・苦情に適切に対応するための窓口
    ③ 対話救済プラットフォーム(JaCER)に加盟、バリューチェーン全体で発生する人権への負の影響に対して救済窓口を設置

【参照ページ】
MUFG 人権レポート 2023

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る