EIOPA、年金基金が気候変動リスクに大きくさらされていると公表

EU規制当局、年金基金が気候変動リスクに大きくさらされていると公表

12月13日、EUの保険・年金金融規制機関である欧州保険・職業年金機構(EIOPA)が発表したストレステストの結果によると、欧州の年金投資機関は気候変動リスクに対して「重大なエクスポージャー」を抱えていることが明らかになった。

4月に開始されたEIOPA初の気候変動ストレステストは、政策措置の遅れにより気候変動が突然起こり、無秩序に中立へ移行するというシナリオに対する欧州の職域年金基金(IORP)の耐性を評価するために行われたものである。

本シナリオでは、炭素価格の急上昇により、化石燃料価格が大幅に上昇し、エネルギーコストが上昇、経済全般の見通しに影響を与え、特に炭素集約的なセクターの株式市場が圧迫されることが想定されている。本シナリオで予想されるその他の影響としては、褐色産業の企業信用スプレッド上昇、利回り上昇による国債発行コストの上昇、不動産などの有形資産クラスの価値成長鈍化などが挙げられる。

IORPの資産ポートフォリオに焦点を当てたこの演習では、シナリオによって資産が13%近く減少し、主に株式と債券の投資で2550億ユーロ(約36兆円)の損失が発生することが分かった。IORPは平均して、株式投資の6%、社債投資の10%を、鉱業、電力・ガス、陸運などの炭素集約型セクターに投資しており、20%~38%の評価損が発生することが判明した。

全体として、資産評価の下落はリスクフリーレート上昇による負債側の下落によっていくらか相殺され、資金調達比率への影響は管理可能なものと思われるが、規制当局は、これによって下落を完全に相殺することはできなかったと述べている。

ストレステストと並行して行った調査では、環境ストレステストを自社のリスク管理に利用しているIORPはわずか14%であることがわかった。

【参照ページ】
(原文)EIOPA’s first IORPs climate stress test shows material exposure to transition risks
(日本語参考訳)EIOPAによる初のIORPs気候変動ストレステスト、移行リスクへの重大なエクスポージャーを示す

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る