ALPLAの「Canupak」、炭素排出量を約71%削減

ALPLAの「Canupak」、炭素排出量を約71%削減

12月6日、包装とリサイクルのスペシャリストであるALPLAは、ビューティーケアパッケージ「Canupak」において、炭素排出量を約71%削減する最適なプロトタイプソリューションを開発した。リサイクルHDPE(rHDPE)のみを使用した超軽量パッケージングシステムは、同社の世界的なサステナビリティ戦略を明確に示している。ALPLAは、顧客に排出量削減のさらなる可能性と、将来の開発のための専門知識を提供する。

本パッケージは、EU圏内の自社工場から調達したリサイクルHDPE(rHDPE)のみで作られており、また、再生可能エネルギーのみで生産されている。

カーボンフットプリントは、クライメートパートナーとの協力により算出された。プロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)は、廃棄を含む製品のライフサイクル全体におけるすべての排出量から構成されている。パッケージの内容物、小売、使用段階は、パッケージが気候に与える影響に関係しないため、考慮されていない。

現在、気候ニュートラル製品やオフセット証明書に関する明確な基準は存在しないため、ALPLAは自らの影響力の及ぶ範囲での排出量削減に注力している。同社は、製品のさらなる最適化と、リサイクルのための設計に基づく最大限のリサイクル性に注力しており、二酸化炭素排出量の削減に向けて次のステップに進みたいと考えているパートナーを求めているという。

【参照ページ】
(原文)ALPLA’S CANUPAK REDUCES CARBON EMISSIONS BY AROUND 71 PER CENT
(日本語参考訳)ALPLAの「Canupak」、炭素排出量を約71%削減

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る