西中央太平洋漁業委員会(WCPFC)、漁業戦略で画期的合意

西中央太平洋漁業委員会(WCPFC)、漁業戦略で画期的合意

12月5日、海洋管理協議会(MSC)は、西中央太平洋漁業委員会(WCPFC)の代表者に対し、世界最大のマグロ資源を保護するための重要な措置の合意について大きな前進があったとして、祝意を表した。

WCPFCの加盟26カ国の政府代表がベトナムのダナンで3年ぶりに顔を合わせた。マグロ資源の長期的な健全性を確保するためには、加盟国が長年交渉しても実現しなかった漁獲戦略についての合意が不可欠である。

12月3日(土)の会議の結論として、代表団は漁獲戦略に関する多くの措置について合意に達した。これらの措置は公表されるまで、将来の漁業管理の指針となるもので、マグロ資源が現在の持続可能な水準を下回った場合に回復を可能にする「セーフティネット」を構築する。

最も重要なことは、委員会が、西中央太平洋(WCPO)で最も豊富なマグロ類であるカツオの漁獲戦略を採用することに同意したことである。また、欧州委員会は、資源が持続可能なレベルを下回る前に、すべてのマグロ種について漁獲戦略を導入するとの約束を再確認した。

これは、2週間前に大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)が大西洋クロマグロの漁獲戦略を採択するという画期的な合意を行ったことに続くものである。

ダナンでの合意事項は、最終的に公表された後、WCPOの33のマグロ漁業に対するMSC漁業認証の審査を担当する独立した適合性評価機関(CAB)によって審査され、現在行われているマグロ漁業認証にどのような影響を与えるかが判断される予定である。

MSC認証の最低要求事項を引き続き満たしているマグロ漁業は、新バージョンのMSC漁業基準を早期に適用する機会が与えられ、より包括的で最先端の漁獲戦略に関する新たな要求事項を満たすために5年間が与えられることになる。

【参照ページ】
(原文)Breakthrough in Western Central Pacific points to a ‘sea change’ in international fisheries management
(日本語参考訳)西中央太平洋漁業委員会(WCPFC)、漁業戦略で画期的合意

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る