EU議会、企業取締役会の男女別割当に関する指令を可決

11月22日、欧州議会は、欧州全域の企業役員における男女比を高めるためのクォータ制を導入する法律を最終的に承認した。

欧州委員会が10年前に提案した「取締役会における女性」指令は、上場企業に焦点を当てたものである。この指令は、「十分に代表されていない性」が占める取締役会の席の割合、すなわち、社外取締役のみの場合は40%、社外取締役と執行取締役の両方の場合は33%というクォータを実施するものである。

社会民主党の共同報告者であるエブリン・レグナー氏をはじめ、この指令の提案者は、企業の高い地位における多様性を高めることが、欧州経済の回復プロセスにも貢献すると主張している。

EUのヘレナ・ダッリ委員(平等担当)もこの考えを繰り返し、「取締役会室における幅広い才能とスキル、包括的で多様なアプローチは、企業統治におけるより良い意思決定に貢献し、ビジネスに対する国民の信頼を高め、経済成長を促すことを示す証拠である」と述べた。

同じくS&Dグループの共同報告者であるLara Woltersは、この決定がすでに働いている女性だけでなく、将来の世代にも影響を及ぼすと付け加えた。

しかし、この規制のやり方には、議会の内外で多くの人が反対している。スウェーデン、スロバキア、ハンガリー、エストニアなど数カ国は、企業の役員におけるジェンダーバランスの問題は、EUではなく各国政府が取り組むべき問題であると主張している。

これに対し、ダリ委員は、最近のデータに基づき、「自主的な取り組みによる進展ははるかに遅く、持続可能性も低い 」と述べた。「自主規制が望ましい効果をもたらさない場合、EUの規制措置が必要である」と付け加えた。

また、クォータ制を採用することで、企業が実力ではなく性別で女性の取締役を選任するようになるのではないかという批判もあるが、これに対してウォルターズは「そのような議論は、前世紀に置いておくべきだ」と反論した。

新規則によると、2026年までに新基準を満たせなかった企業に対して、加盟国は罰則制度を設けることも求められている。また、加盟国自身も、指令の目標を達成するための政策を実施できなかった場合、懲罰的な措置に直面することになる。

政治的スペクトラムの両側の議員も、民族性など他の特徴ではなく、性別だけに注目することのメリットに疑問を呈した。緑の党の欧州議会議員ピエレット・ヘルツベルガー=フォファナは、多様性を多面的に改善するために、民族性などの要素も指令に含めるべきだと主張した。

一方、保守的なECRグループのマルガリータ・デ・ラ・ピサ・カリオンは、この指令によってEUは他の種類のクォータ制の導入に向けた滑り台を作ることになると主張した。

ウォルターズ氏は、「さまざまな方法で」取締役会に多様性を持たせることが優先事項であると答えた。

「女性や男性に焦点を当てた政策だけで、それを達成できるのか?いや、他のことにも目を向ける必要があると思う。しかし、今日ここでそれを実現できるか?いや、できない」と、この政策が女性が直面する多くの課題のひとつにしか対処できないことも認めた。

彼女は、政策的解決を必要とする他の課題として、育児と父親休暇を取り上げ、左派議員Manon Aubryは、最低賃金の引き上げと家庭内暴力や性的暴力との闘いを追加した。

【参照ページ】
(原文)Parliament approves landmark rules to boost gender equality on corporate boards

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る