Salesforce CEOマーク・ベニオフ、約230億円の気候変動投資を発表

 

10月28日、セールスフォースの会長兼CEOであるマーク・ベニオフ氏と妻のリン氏は、森林再生と修復の取り組みを対象とした2億ドル(約230億円)の気候変動投資を発表した。この投資には、Benioff TIME Tree Fundの設立のための1億ドルと、ベニオフ氏の投資ファンドであるTIME Venturesから気候変動対策に特化した起業家を支援するための1億ドルが含まれている。

マーク・ベニオフは次のように語っている。

「私たちは今、地球規模の緊急事態に直面しています。気候危機はすべての人に影響を与え、特に私たちの中で最も弱い立場にある人々に影響を与えています。世界のGDPの半分以上が、気候変動による自然災害の影響によるリスクにさらされています。私たちが一丸となって地球温暖化を抑制するための大胆な対策を講じない限り、事態は悪化する一方です。」

新しいBenioff TIME Tree Fundは、先住民族やコミュニティに根ざした森林管理に加え、新興国や発展途上国の最もリスクの高いコミュニティや自然生態系に対する気候変動の影響を緩和することに重点を置く。TIME Venturesは、「エコプレナー」に投資し、排出量の削減、炭素の隔離、天然資源の修復と保護のためのイノベーションを対象としている。

ベニオフ夫妻の発表に加えて、セールスフォースは、2つの新しい自然気候ソリューションのリリースを発表した。それは、グローバル・ツリー・エクイティ(特定の地域に十分な数の木や緑のキャノピーがあることで、健康、気候、経済的な利益を確保するための取り組みを指す)と都市部の森林再生の取り組み、そして海や沿岸の生態系を保護・回復するためのブルーカーボンプログラムだ。

また、セールスフォースは、生態系の回復や気候正義に取り組む非営利団体を支援するために、10年間で1億ドルを拠出することを発表した。さらに、気候変動対策を重視する団体への技術提供や250万時間のボランティア活動を行う取り組みも行っている。

【参照ページ】
(原文)Marc and Lynne Benioff, Salesforce Announce $300 Million in Investments to Accelerate Ecosystem Restoration and Climate Justice
(日本語訳)セールスフォースのベニオフCEO、330億円超の気候変動投資を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る