MSCI、生物多様性と森林破壊のリスクを抱える企業を特定するツールを提供開始

MSCI、生物多様性と森林破壊のリスクを抱える企業を特定するツールを提供開始

12月14日、投資データおよびリサーチプロバイダーであるMSCIは、投資家が生物多様性の損失や森林破壊を助長するリスクのある企業を特定し選別することを支援するための新しいツール群を開始する計画を発表した。

本ツールは、健全な森林、森林破壊の前線、種の豊富な地域など、生物多様性の関連性が高い地域に物理的資産を有する企業を特定することを可能にする「MSCI生物多様性配慮地域スクリーニングメトリクス」と、直接またはサプライチェーンを通じて森林破壊に貢献している企業を特定する「MSCI森林破壊スクリーニングメトリクス」から成り、2023年初頭に投資家に提供することを目指している。

同社によると、本ツールは、何千ものESGと気候に関するデータを組み合わせ、MSCI独自のジオロケーションデータと重なることで、企業の事業をピンポイントで特定するのに役立つという。

MSCIは、2030年までに生物多様性と世界の自然資本を保護するための具体的な目標を定めた枠組みを提供するモントリオールでの第15回締約国会議(COP15)の開催中に、本発表を行った。

【参照ページ】
MSCI to launch tools to help investors assess biodiversity, deforestation risk in portfolios

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る