アップル、インフレ急増で労働者の賃金を引き上げ、労働組合結成に対応

アップル、インフレ急増で労働者の賃金を引き上げ、労働組合結成に対応

5月26日、アップルは、従業員の初任給を昨年より10%増の22ドル(約2,800円)に引き上げると発表した。同社によると、一部の地域では初任給がもっと高くなる可能性があるという。Appleの企業従業員の初任給も上がる見込みと報じられている。

アップルは、小売店従業員の間で高まる組合結成の動きに直面している。全米の失業率がわずか3.6%で推移する中、様々な分野の企業が給与アップやその他の特典で労働者の満足度を維持しようと躍起になっている。3月の求人件数は過去最高の1,155万件に達し、仕事を辞めるアメリカ人の数も過去最高を記録している。

アップルや他の企業は、労働者の報酬が4月に8.3%に達し、連邦準備制度理事会が物価を下げるために利上げを実施しても高止まりしているインフレ率に見合うようにすることも目指している。アップルの発表に続いて、マイクロソフトも同様の動きを見せ、今年は報酬予算をほぼ倍増させると発表した。

アップルをはじめとする企業は、労働市場が逼迫する中で給与や福利厚生を引き上げている。ジョージア州やニューヨーク州などの店舗で働く小売店員が組合結成に向けた取り組みを進める中、アップルが賃上げ計画を明らかにした。

また、同日にアップルは、同社のiOSアプリ経済は現在、米国で220万人以上の雇用を支えており、過去2年間で米国の小規模開発者の収益が118%増加していると発表した。事業を通じて米国の雇用の創出に貢献しているとアピールした。

【参照ページ】
(原文)New research highlights job growth, global success of small businesses and entrepreneurs on the App Store
(日本語訳)App Storeにおける中小企業および起業家の雇用増加、グローバルな成功に注目した新しい調査結果

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る