Climate Action Tracker、COP26にて2030年目標とのギャップを警告

Climate Action Tracker、COP26にて2030年目標とのギャップを警告

温室効果ガス排出量を削減するための行動を監視する研究グループClimate Action Tracker(CAT)は11月9日、最新の情報に基づいた各団体の目標と実際の世界の気温上昇の推移のギャップを指摘し、2.4℃上昇ペースで進んでいると警鐘を鳴らした。

CATの分析によると現在の各国の公約が完全に達成されたとしても、2030年の世界の温室効果ガス排出量は1.5°C目標の水準に対し約2倍になる。

CATのパートナー組織の最高経営責任者(CEO)であるビル・ノウサギ氏は「2030人の行動や目標の大半はネット・ゼロの目標と矛盾している。政府の現在の政策とそのネット・ゼロ目標との間にほぼ1℃のギャップがある」と語った。

またCATはこのギャップを起こしている原因について特に石炭とガスについて触れ、最大の石炭国である中国、インド、インドネシア、ベトナムは、石炭パイプラインを削減する必要があると警告した。

【参照ページ】
(原文)Glasgow’s one degree 2030 credibility gap: net zero’s lip service to climate action
(日本語訳)Climate Action Tracker、COP26で2030年目標とのギャップを警告

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る