コールズ、100店舗にソーラーパネル設置

8月3日、小売大手豪コールズと豪電力オリジン・エナジーは、全国で最大コールズ100店舗に再生可能エネルギーとバッテリー資産を共同投資する画期的な協定に調印した。

今後3年間で、コールズは全国100店舗の屋上に20メガワットのソーラーパネルを設置し、その3分の1の店舗にバッテリーを設置して、その場で発電した余剰再生可能電力を回収・貯蔵することを目指す。

コールズの屋上太陽光発電、バッテリー、店舗内の冷暖房や冷蔵システムなどのエネルギー資産は、オリジンの仮想発電所に接続され、需要ピーク時のエネルギーグリッドへの圧力を緩和する。

コールズとオリジンの提携は、参加店舗が送電網から使用する電力を平均約20%削減し、2025年6月までにコールズが掲げる再生可能エネルギー100%の電力目標達成を支援することを目的としている。

現在、ビクトリア州の6店舗でソーラーパネルの設置が進められており、2026年までにコールズ・スーパーマーケット全100店舗、ヴィンテージ・セラーズ、リカーランド、ファースト・チョイス・リカー・マーケットの店舗への設置が完了する予定だ。

本発表は、コールズがすでに国内87店舗に設置しているソーラーパネルに基づくものである。排出量削減に貢献するコールズによるその他のクリーンエネルギーへの取り組みには、ガス設備の電化、電気配送トラックの試験導入、国内各地の風力発電所や太陽光発電所からの再生可能電力の購入などがある。

【参照ページ】
(原文)Coles to install solar panels on 100 stores as part of landmark agreement with Origin
(日本語訳)コールズ、100店舗にソーラーパネル設置へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る