米ESG投資推進NGOのCeres、2021年の大幅な会員数増加を報告

米ESG投資推進NGOのCeres、2021年の大幅な会員数増加を報告

12月15日、アメリカのボストンを拠点とするサステナビリティの非営利団体Ceresは、3つのネットワークの会員数が50%以上増加し、合計350名となったと発表した。

Ceres Investor Networkは、米国の年間GDPの2倍以上に相当する49兆ドルの資産に責任を持つ217人の投資家にまで拡大。セレス・ポリシー・ネットワークは、Business for Innovative Climate and Energy Policy (BICEP)として知られており、11の有名ブランドが連邦および州の主要な気候・クリーンエネルギー政策を支持するためにグループに参加し、77社に増加。また、Ceres Company Networkは、持続可能で気候変動に配慮したビジネスモデルの推進に取り組む56社に、6社のメンバーを迎えた。

Ceresはグローバルなパートナーとともに、世界最大級の資産運用会社や資産家数百人を動員し、自社のポートフォリオと実体経済の両方で、2050年またはそれ以前にネットゼロエミッションを達成することを約束させた。

【参照ページ】
(原文)Ceres’ impact at the start of this critical decade grows with scores joining its powerful networks and participating in new initiatives
(日本語訳)この重要な10年の始まりに、セレスの強力なネットワークに参加し、新しいイニシアティブに参加することによって、セレスの影響力は大きくなっています。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る