ekaterra傘下のTazo Tea、サステナビリティ再生ロードマップを発表

Tazo、サステナビリティ再生ロードマップを発表

8月、Tazo Teaはサステナビリティ再生ロードマップを発表した。本再生ロードマップは、Tazoの紅茶の製造方法を完全に見直すことを目的としており、業界大手のekaterraの包括的なサステナビリティ戦略において重要な役割を担っている。

ekaterraによると、そのポートフォリオは34のブランドから成り、年間1,000億杯以上の紅茶を生産しているとのこと。今年初め、Unileverはekaterra(紅茶事業全体)をプライベート・エクイティ・グループに売却し、世界の紅茶市場を牽引する重要な企業の一つであるエカテラに大きな転換をもたらした。またekaterraは最近、同社の最大ブランドの1つであるTazoが再生可能な有機アプローチへの完全移行に乗り出すことも発表している。

最終的な目標は、Tazoの製品ライン全体で再生可能なオーガニック認証を取得することだが、そのためには、供給元とサプライチェーン全体で大きな変化を起こす必要がある。Tazoがロードマップに沿って進む中、ekaterraの大規模な紅茶事業におけるこれらの実践の影響は、業界をより気候変動に強い方向へ押し上げるのに役立つ。

【参照ページ】
(原文)Tazo Tea

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る