AXA IM、気候変動・生物多様性関連ファンドを含むアクティブETFプラットフォームの提供を開始

 

9月6日、AXA IMはアクティブ戦略と責任投資に特化した新しいETFプラットフォーム「アクサIM ETF」の提供開始を発表した。

本プラットフォームは、気候変動と生物多様性をテーマとする2つの国連SDGsに沿ったETFで導入される。本ファンドは、SFDR規制の第9条に分類され、環境にポジティブで測定可能な影響を与えることと、長期的な財務的成長を実現することの2つを目的としている。

AXA IMによると、本プラットフォームは、同社の強みである責任投資、テーマ投資、定量投資へのアクセスを投資家に提供するとともに、ETF構造の流動性と透明性を強化することを目的としているという。

新プラットフォームの提供開始と同時に、AXA IM は、ブリューク・ルシャールを ETF キャピタルマーケッ ト部門の責任者に任命したことも発表した。ルシャールは、ユーロネクストに7年間勤務し、直近ではETFの責任者を務めた後、AXA IMに入社する。ユーロネクストの前は、カラックス・インスティチューショナル・ファイナンシャル・ブローカーでETFセールストレーディングの共同責任者を務め、ソシエテジェネラルCIBではETFおよびプログラムトレーディングのチームに所属していた。

【参照ページ】
(原文)AXA Investment Managers launches an ETF platform with a focus on Active Management and Responsible Investment
(日本語訳)AXA IM、気候変動・生物多様性関連ファンドを含むアクティブETFプラットフォームの提供を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る