Longevity Partners、東京にアジア本部を開設

9月6日、ESGアドバイザリーファームであるLongevity Partnersは、アジア太平洋地域の本部となる新オフィスを東京に開設したことを発表した。Longevity Partnersは、本オフィスが、急速に進化する顧客のニーズに適合し、地域全体でパートナーの脱炭素化努力をよりよく支援することを目的としていると述べている。

日本オフィスの開設は、Longevity Partnersにとって世界で9番目のオフィスであり、2021年に7年連続で収益が倍増するなど、急成長を続けていることを受けてのことである。過去2年間で、Longevity Partnersはチームを28名から170名に拡大し、今年に入ってからは70名以上の専門家を雇用している。また、気候変動への対応、バリューアットリスク、グリーンファイナンス、社会的インパクト、ネット・ゼロカーボンポートフォリオマネジメントなど、一連の新サービスを開始した。

Longevity Partners創業者兼グローバルCEOのエティエンヌ・カデスタンによると、新しいアジア本社の立ち上げは、この地域における「素晴らしい顧客需要」に応えるものであり、今後数年のうちに東京オフィスで100人以上を雇用したいとしている。

新オフィスは、Longevity Partners日本・アジアの新しいカントリー・ディレクターである河合建武が率いる。川合は、東京に拠点を置く物流不動産に特化した投資顧問・資産運用会社であるセンターポイント・ディベロップメントから入社する。

【参照ページ】
(参考記事)Longevity Partners Opens Asia Headquarters in Tokyo, Japan

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る