マニュライフ、欧州で「グローバル気候変動対策ファンド」を立ち上げ

 

9月5日、マニュライフ・ファイナンシャルのグローバルな資産運用ビジネスであるマニュライフ・インベストメント・マネジメントは、欧州の機関投資家向けに「マニュライフ・グローバル・ファンド-グローバル気候変動対策ファンド」の立ち上げを発表した。

マニュライフ・インベストメント・マネジメントのファンダメンタル株式チームの責任者であるパトリック・ブレイズによると、本ファンドの発売は、気候変動対策を測定し重視する投資ソリューションに対する欧州の投資家の需要の中で行われたものである。

欧州での発売は、マニュライフが昨年カナダで導入した「グローバル・クライメート・アクション」戦略に続くもので、パリ協定と科学に基づく目標に基づく選択プロセスを活用し、気候変動に積極的に貢献している企業に投資するものです。各企業は、マニュライフのESGチームにより気候変動対策や環境リスクの評価を受け、ファンダメンタル株式チームのファンダメンタル分析および銘柄選定プロセスに統合されている。

本ファンドは、SFDR規制の第9条(持続可能な投資目的を持つ商品)に分類されている。

【参照ページ】
(参考記事)Manulife Investment Management launches Global Climate Action Fund in Europe to help meet increasing demand for sustainable investment solutions that tackle climate risks

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る