Airbus等6社、ニュージーランドでゼロエミッション航空を実現する新コンソーシアムを開始

エアバス等6社、ニュージーランドでゼロエミッション航空を実現する新コンソーシアムを開始

2月10日、Airbusなど国際的な企業6社は、ニュージーランドでゼロエミッションの航空機を実現するために、新しいコンソーシアムを立ち上げたと発表した。水素コンソーシアムのビジョンは、水素を動力源とするグリーン航空機の商業的展開の先駆けとして、ニュージーランドを支援することである。

パートナーは、国際的な航空宇宙産業のリーダーであるAirbus、世界的なグリーンエネルギー企業であるフォーテスキュー・フューチャー・インダストリーズ(FFI)、世界を代表する航空会社ニュージーランド航空、次世代エネルギー企業ヒリンガ・エナジー、液体水素ソリューションのパイオニア企業ファブラム、ニュージーランドのクライストチャーチ空港の5社である。

水素コンソーシアムは、400ヘクタールの再生可能エネルギー地区「コーワイ・パーク」を開発中のクライストチャーチ空港で発足した。Airbusは、2035年までに世界初の水素を燃料とする民間旅客機を開発し、運航することを目指している。

パートナーとの緊密な協力のもと、Airbusはニュージーランドにおける水素の航空需要を織り込んでいく予定だ。Airbusは、空港における水素ハブのコンセプトに基づいて、航空会社および航空会社以外の関係者と協力し、水素で動く航空機の運航を可能にするためのエネルギー供給ニーズの完全な評価を実施する予定である。

クライストチャーチの液体水素ソリューション企業Fabrumは、最近エミレーツ・チーム・ニュージーランドのチェイスボート(Chase Zero)の水素駆動技術を設計し、航空用の軽量液体水素燃料タンク技術を開発した。

今後6ヶ月の間に、パートナーはニュージーランドにおける航空用水素のエコシステムを設計するために協力する予定だ。第一段階は研究に重点を置き、2023年末までに完了させる予定である。コンソーシアムは、ニュージーランドにおける水素航空に関するビジョンを策定し、水素サプライチェーンとその課題を調査し、2050年までの地元航空市場の水素需要予測を評価し、水素航空の開発を促進するための政策、規制、インセンティブの経路を開発する予定だ。

第2段階では、ニュージーランドで水素航空機の試験飛行が可能かどうかに焦点を当てている。ニュージーランド航空は、2026年に初の商業用デモンストレーションフライトを実施することと、2030年からQ300ターボプロップ機の低排出ガス機への入れ替えを開始するという2つの野心的な目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)New consortium to enable zero emission aviation to take off in Aotearoa New Zealand | Airbus
(日本語参考訳)Airbus等6社、ニュージーランドでゼロエミッション航空を実現する新コンソーシアムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る