S&Pグローバル・レーティング、ESGクレジット指標の定量表示を廃止

8月4日、信用格付世界大手S&Pグローバル・レーティングスは、信用格付レポートにおけるESGクレジット指標の定量評価表示の廃止を発表した。

本発表によって定量評価表示がなくなったとしても、ESGファクターが信用リスクに及ぼす影響のメソドロジーは影響しない。また、定性判断を記すコーナーは続けるが、レポートの読者にとって、定性判断の度合いが定量的に把握しづらくなる可能性がある。同社は、ESGに関する今後の調査レポートの発表を続ける意向を示した。

2021年、S&P グローバル・レーティングスは、一部のセクターとアセットクラスの公的格付け企業について、ESG信用指標の公表を開始した。これらの指標は、格付分析におけるESGクレジット・ファクターの関連性を説明・要約し、同社の格付報告書における説明的なパラグラフを補完するものである。更なる検討の結果、格付けレポート中の分析に特化した説明パラグラフが、ESG信用要因の詳細と透明性を提供する上で最も効果的であると判断したという。

【参照ページ】
S&P Global Ratings Update On ESG Credit Indicators

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  2. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
  3. 2024-7-16

    ESMA、ESRSの新たなパブリックステートメントを発表

    7月5日 、欧州証券市場監督局(ESMA)は、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の初回適用に…
ページ上部へ戻る