林産企業Stora Enso、生物多様性と気候への影響をネット・ポジティブに

 

10月20日、林産企業のStora Enso社は、サステナビリティに関する目標を大幅に前倒しし、大気中のCO2を排出量よりも除去し、製品をリサイクルし、生物多様性を向上させる「ネット・ポジティブ・コントリビューター」になることを新たな目標として発表した。

今回の発表では2050年までに100%再生可能な製品およびソリューションを提供することや、2019年を基準として2030年までにスコープ1、2、3の温室効果ガス(GHG)排出量を50%削減することなど、一連の新しいサステナビリティ目標を掲げた。

同社は、2030年の炭素削減目標には、1.5℃シナリオに合わせて生産に伴う直接的な化石CO2排出量、購入電力や熱に関連する間接的なCO2排出量、およびバリューチェーン全体のその他のソースからの排出量を削減することが含まれると述べている。Stora Enso社によると、この目標はScience Based Targets Initiative (SBTi)によって承認されている。

また新たな野心の一環として、生物多様性の積極的な管理により、2050年までに自社の森林や植林地の生物多様性にネット・プラスの影響を与えることを約束した。種、生息地、景観レベルでの生物多様性を改善するために、2030年に向けた一連の行動が策定され、開始された。

【参照ページ】
(原文)Stora Enso sets ambitious goal of 100% regenerative solutions by 2050 and announces new 2030 sustainability targets
(日本語訳)Stora Enso、生物多様性と気候への影響をネット・ポジティブに

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る