DHL、SAFで輸送時のスコープ3排出量へ対応

2月16日、ロジスティクス業界の大手ドイツポストDHLグループは、国際宅配便部門であるDHL Expressにおいて「GoGreen Plus」サービスを開始し、お客様が持続可能な航空燃料(SAF)を使用することで、輸送時のスコープ3排出量に対応することを可能にすると発表した。

DHLの「GoGreen」サービスは、国際的に認められた気候保護プロジェクトへの投資を通じて、輸送中に発生する排出量を相殺し、気候ニュートラルな輸送の選択肢を荷主に提供する。新サービスは、まず英国で開始され、今後数ヶ月のうちに全世界のDHL Expressの顧客に提供される予定だ。顧客は達成したい排出削減量やSAFの使用量を調整することができる。

DHL Expressは昨年、過去最大規模のSAFに関する2つの契約を締結し、今後5年間でbpとNesteから8億リットル以上のSAFを調達することを発表している。bpとNesteが供給するSAFは、廃油から製造され、従来のジェット燃料と比較してライフサイクルで最大80%の温室効果ガス排出削減が可能だ。

【参照ページ】
DHL EXPRESS LAUNCHES GOGREEN PLUS: FIRST GLOBAL EXPRESS COURIER TO GIVE CUSTOMERS THE OPPORTUNITY TO USE SUSTAINABLE AVIATION FUEL TO REDUCE EMISSIONS

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る