Iberdrola、水関連の目標を含むサステナブルファイナンスを拡大

7月14日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrolaは、同社のウォーターフットプリントに関連した25億ユーロ(約3,500億円)の新たなクレジット・ラインを設定したと発表した。本締結は24の国際銀行からなるコンソーシアムとの間でなされた。

Iberdrolaは昨年、同社の資金調達構造について、グリーン製品や持続可能な製品の割合をますます高めていく計画を発表しており、2025年までに負債の約3分の2を占めると推定されている。本合意により、同社のクレジットラインの90%以上がサステナブルなものとなる。

新しいクレジット・ラインは、発電に使用する水の消費量削減など2つのサステナビリティ指標と、CDPの水に関する格付けの対象となり、指標のパフォーマンスに応じて債務のマージンが上下に調整される。

Iberdrolaは、今回のクレジット・ラインの多くが、国連の持続可能な開発目標(SDGs)7および13への貢献、クリーンで利用しやすいエネルギー、気候変動との闘いにすでに焦点を当てていると述べている。また、SDGs6「清潔な水と衛生」にも貢献することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola signs a new sustainable credit facility for €2.5 billion at very competitive conditions

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る